援助交際の理想と現実


どっちが先かわからないことって世の中にはたくさんありますよね。

援助交際もお金の欲しい女性の存在が先だったのか、若い子を抱きたいと考える男性が先だったのか。

ただお金が欲しいから知らない男性に抱かれようとしても、その男性が断れば援助交際は成立しなくなることは確かです。

ということはどちらが先というよりも男性が断る勇気を持つことが、援助交際をなくすには一番有力な方法なのかもしれません。

物や娯楽にあふれている時代ですから、欲しいものがなくなるということはないでしょうし。ただ、貧困から援助交際を選ぶ女性も少なくない現実もあります。

その場合、女性のほうが弱い立場になり金額も値踏みされたりします。

貧困のための援助交際を労働とみなすことができるなら、やはり働きにたいして正当な賃金は支払われるべきだとも考えられます。

援助交際で稼ぐことしかできない人も世の中にはいる現実と、単にお小遣い欲しさで自分の性を安売りしている人と。同じ援助交際でもずいぶんと印象が違ってきます。

ほとんどの男性はそんな相手の境遇なんて気にもしていないとは思いますが。未成年との援助交際だけは、神経質なくらい気にしているかもしれませんね。
shiji
バレたら一生を棒にふる勢いのことですから、当然です。

援助交際は悪と一言で片付けることは簡単です。その背景にある様々な人間模様に目をむけ、救うべき人は救われて欲しいなと願うばかりです。

取り締まるというよりは、まずは調査してみて欲しいところです。

お金と行為内容は事前にチェック

金銭トラブルはどこの世界にもつきものですね。

援助交際においても、やはり金銭トラブルは多いようです。特別書類を交わすわけでもありません。
だいたいが口約束程度で行われていると思います。

だからといって、援助交際をしたという証拠が残るような書類が手元にあっても困る人多いんじゃないかと思いますし。

基本的に自分と相手の問題ですから、事前にいろいろ話しあうことをおすすめしたいです。ただ、中には行為中に話と違うということもでてくるでしょう。

事前の話し合いで100%解決できるものでもなさそうです。

それでも人によってキスはダメとか、特別な行為は別料金が発生するなど確認できることもあるので、なるべくドラブルの少ないようにお互いのルールや目的は確認しておきたいところです。

援助交際は個人でやっている人もいれば、バックに暴力団的な組織がいることもあります。

個人で、ちょっとした仲間と口裏を合わせて相手を脅し有り金を巻き上げるというケースも聞いたことがあります。

男性からしてみれば援助交際相手が年下ということが多いと思います。

しかし、バックにはどれだけ怖い人がいるかわからないということも気にしておいたほうがいいかもしれません。見た目の可愛さに騙され油断して痛い目にあうこともあると思います。
yokosuwari
お金が絡むと人は変わります。今まで援助交際で怖い目に会ったことのない人は、単についていたというだけかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ